読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗くて寒い帰り道

振休。水曜と木曜で帰省。
木曜が母親の風呂の日だったと思っていて面会の日と合わせていたが、12月から風呂の日が火曜と金曜に変わっていた。そして2階から3階に部屋が移ったという。
母とH庄さんと歳が一緒だったと知り、目眩がする。


金曜
偶然Kさんと帰りが一緒になり、話しながら帰る。
食事に行った話、
貯金が2500万(推定)ある人の話、
突然消えた人の話、
異世界の人の話、
結婚したがっている人の話
など


話を聞くのは楽しい一方で、
この職場もあと数年しかいられないんだよなー。
きっと今以上に楽しい職場はないだろうなー。
ていうか、まだつきあってたのかー。
などと話聞きながら色々考え始めてしまい、


何だか先の見えない自分の人生に漠然としたいつもの不安が襲ってきて、
モヤモヤするのでタバコ買って家路についた。