10月

今、仕事で時期デザイナーを決めるちょっとしたコンペをやっている。
募集をした当初、あまり反応がないと担当者は心配していたが、蓋を開けてみたら意外にも多くの応募があったそうだ。
エントリーしてきた人の中には知っている人も何人かいて、ポートフォリオの作品の中に自分の絵を使った作品を持ってきた人がいたそうで、大変恐縮だった。
今回ポートフォリオを「見て選ぶ側」になり、「作る側」のときの考え方や見え方が違ってた。