レセプションパーティー

鬱々とした気持ちが晴れないまま仕事のレセプションパーティに参加。
久々に色々な人と話をしたせいなのか、それとも閉店ギリギリまでコーヒ屋でコーヒーを飲んだせいなのか、夜中の3時まで全く眠れず。
眠剤を飲んで寝た。

久々にあった知人をはじめ、クリエイターと交流できたのは良かったものの、
そもそもクリエイティブな会社に勤めたことのない自分がクリエイティブな人達と一緒に紹介されていいのかよくわからない。
そもそも私の職業はイラストレーターなのか?
ほとんどこない仕事の依頼を待ってだけの、ほぼ無職に近い人間がイラストレーターの肩書を名乗っていいのだろうか。

ともかく、少しでもクリエイティブぶった話をして話の輪に一生懸命に入ろうとしている自分が最高に気持ち悪かった。